ウェーブフロント (Wavefront)

視力矯正手術のひとつであるウェーブフロント
レーシックにおいて利用される、角膜や水晶体の収差を
解析する手法です。

ウェーブフロントアナライザといわれる解析装置で
データを測定および分析をします。

ウェーブフロントレーシックでは、
近視や遠視・乱視などについて総合的に
角膜形状解析を行ったデータをもとに、
ウェーブフロントアナライザがガイドして
レーシック手術を行します。

角膜の形状異常に対しガイドのない従来の
レーシックに比し、
角膜高次収差に対して解析をおこなっている
ウェーブフロントレーシックの方が
乱視の矯正については理論上有利です。

ただし全ての症例に有効なわけではなく、
円錐角膜などの角膜形状異常には適応外です。

またハードコンタクトレンズでの乱視矯正には
遙かに劣り、乱視の種類によっては乱視用眼鏡の
矯正にすら劣る症例があります。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。