エピレーシック (EPI-LASIK)

エピケラトームと呼ばれる器機を使用して
約50マイクロメートルの角膜上皮のみの
薄い蓋(フラップ)を作成し、エキシマレーザーを
照射することによって近視・遠視・乱視を矯正する
レーシックの術式の1つです。

フラップはやがて剥がれ落ち、新しい角膜上皮が再生します。

そのため、通常のレーシックと異なり、
強い眼の衝撃でもフラップがずれることはありません。

PRKやLASEKなどと同様に表面照射という術式に分類されます。

他の表面照射の屈折矯正手術と同様にボーマン膜を
レーザーで除去し、角膜実質層を削ることで視力を回復します。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。