フェイキックIOL


フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)とは、
白内障手術を応用した視力回復手術です

白内障治療では白濁した水晶体を取り除きますが、
フェイキックIOLはこれを応用し、
水晶体をそのまま残し、近視や乱視を
治すための眼内レンズを挿入する手術です。

新聞紙上などで「永久コンタクトレンズ」
としても紹介され、全国で症例が増えています。

フェイキックIOLは、
角膜の厚さや近視の度数と関係なく
手術することができます。

レーシックでは適応が非常に限られる、
-10D以上の最強度近視でも治療が可能です。

また最大のメリットとして、
手術後に万が一問題が生じた場合でも、
レンズを取り出すことで、
眼の状態を元に戻すことが可能な点が挙げられます。

適応の目安は球面屈折度-10.0D以上で、
エピレーシックやラセックでも角膜厚が
足りない方が適応基準の目安です。

それ以外の手術不適応になる場合は、
基本的にはレーシックエピレーシックに準じますが、
お一人お一人の眼の状態は異なりますので、
医師とご相談ください。


最強度近視や乱視がある場合には、
フェイキックIOLに加え、
レーシックやラセックとの併用(Bi-optics)により、
より良い裸眼視力が得られます。

Bi-opticsには様々な方法がありますので、
手術方法・費用等については、相談してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。