レーシック手術が受けられない方


・ぶどう膜炎の方

・角膜ヘルペスの方

・角膜移植をしている方

・強膜裂傷がある方

・黄班部変性がある方

・重篤な糖尿病・膠原病など内科的疾患がある方

・妊娠中・授乳中の方

・過去にメスを使用した眼球疾患の手術を受けている方

・パイロットの方もしくはパイロットを目指している方
 ※ 手術が認められるケースもあるようですので、
   詳細は航空機免許の専門機関等にご確認ください。

・白内障の方
 ※ ただし、既に治療済みの場合は
   手術適応の可能性があります。

・視神経障害がある方
 ※ 手術可能となる場合もありますので、
   ご相談ください。

・老視(老眼)治療をご希望の方
 ※ レーシックで老視は治療できませんが、
  近視・乱視・遠視の矯正は可能ですので、
  それらの眼鏡は不要になるというメリットがあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。