視力回復手術を希望する人が多い原因

子供の時から視力が悪いことが
原因の1つと言えるかもしれません。

テレビやテレビゲーム、パソコンに携帯画面など、
日本人は以前から、目に悪いと思われることしか
してきませんでした。

特にテレビゲームの登場で、
子供の時から視力が悪い人が急増しました。

視力の悪さは遺伝すると言われています。

今の子供が親になって、子供が出来たら、その子供
視力が悪い可能性が高いです。
視力悪化の負の連鎖につながります。

視力悪化の原因はテレビゲームや
パソコンのせいだけではありません。

子供の頃から、毎日のように勉強をさせられ、
学校が終わってからも塾に行かされ、
夜遅くまで勉強に励む。
こんなことも原因の1つかもしれません。

子供の目は黒板と、自分のノートと参考書を往復するだけ。
これでは視力が悪くなるのは当然です。

子供の頃からメガネをかけなければいけないのは
非常に不便だと思います。
実際私も小学校5年生からメガネをかけ始めました。

ゲームや勉強などで
家の中に閉じ込めることなく、
外に出て自然の中で遊ばせることで、
目を酷使することなく、子供もストレスを貯めることなく
過ごせるのではないでしょうか。

視力回復手術であるレーシックは、
子供は受けることが出来ません。

レーシック手術を受けることができる年齢は、
原則的に20歳以上です。

子供のときからメガネやコンタクトレンズをしていると、
それだけで不便だと思います。

視力が悪くならないように、
日々の生活を見直すことも必要かもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。